地元バンクと共に生きる

大阪なら関西アーバン銀行

関西地方の地方銀行

全国的にみると、地方銀行の規模や利益率では、関東地方の銀行が上位に多くランクインしています。預金額と総資産では横浜銀行が長らくトップを独走しており、追いかけるのは2位の千葉銀行、福岡銀行、静岡銀行、茨城県の常陽銀行など関東の銀行が大半です。近畿地方では京都銀行がトップですが、基本的に近畿地方はランキング上位に少ない傾向にあります。

大阪府内では地方銀行の池田泉州銀行が預金額と総資産ではトップです。しかし経常利益でみると同じく大阪府内に本店を置く地方銀行の近畿大阪銀行がトップになります。そのため規模だけなら池田泉州銀行に次ぐ規模の関西アーバン銀行も油断はならない状況です。近畿地方のほかの銀行も、それぞれの府県のほとんどのシェアを独占している状態なので、新規参入や基盤拡大も楽ではない状態です。

もともと関西アーバン銀行のような第二地方銀行は地方銀行に比べて規模が小さく、無尽会社から銀行に変わったという経緯があるため、地方銀行に比べるとどうしても規模や信頼性で遅れをとってしまう傾向にあります。そのため関西アーバン銀行のように第二地方銀行同士の合併で規模を拡大したり、メガバンクの子会社になったり提携することで信頼性を得るという手段をとる場合が多いです。実際にメガバクや大手地方銀行は格付け会社の評価も高く、関係性を強めることで安定感を得ることができるのです。

しかし第二地方銀行ということもあって、年収の面では地方銀行よりも劣る傾向にあります。30歳の平均年収は主要な銀行で約440万円。全業種だと450万円ほどになりますが、関西アーバン銀行だと410万円ほどです。銀行のなかではメガバンクと大手地方銀行が年収が高く、第二地方銀行や下位の地方銀行とはやはり差があります。そのため大阪府内でも地方銀行のほうが年収などの待遇がよく、規模を拡大することで関西アーバン銀行も追いつこうとしています。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪