地元バンクと共に生きる

大阪なら関西アーバン銀行

関西アーバン銀行の特徴

関西アーバン銀行は大阪府大阪市に本店を置く銀行です。分類は第二地方銀行で、メガバンクである三井住友銀行の子会社でもあります。関西アーバン銀行としてはまだまだ歴史の浅い銀行で、元となった無尽株式会社自体は1922年からあるものの、現在の商号となったのは2004年からです。三井住友銀行が資本参加しており筆頭株主でもあることから、三井住友銀行やその提携銀行とのつながりが強く、主にATMの利用手数料などでメリットがあります。

関西アーバン銀行は地方銀行と第二地方銀行を合わせて大阪第2位の規模があります。合併や子会社化を繰り返してきたため支店の数も多く、大阪を中心に全国140の支店があります。2010年には滋賀県の第二地方銀行だったびわこ銀行を吸収合併し、関西では初めて県を超えた合併となりました。このような合併を主導したのは両方の銀行の主要株主であった三井住友銀行でした。合併によって事業の強化やコスト削減がおこなわれ、旧びわこ銀行の本店には関西アーバン銀行の本部機能の一部が移転しています。

関西アーバン銀行の特徴は、三井住友銀行という巨大なメガバンクが経営を支えていることによる安定感と、合併によって得た規模の大きさです。経営の規模が大きいと、特に法人への融資が積極的におこなわれるようになり、個人へのキャッシュバックや金利の優遇措置も多く取られるようになります。関西アーバン銀行はそういった点でとても評価の高い銀行です。メガバンクの子会社ということで、第二地方銀行にも関わらず就職先としての人気も高いです。

昨今では旧びわこ銀行の店舗を改装し、元々関西アーバン銀行の経営地盤ではなかった地域へのアピールも積極的です。なぜなら関西地方には全国有数の規模をほこる地方銀行の京都銀行や、りそなホールディングスの子会社である近畿大阪銀行など協力なライバルが多いのです。関西アーバン銀行のみならず三井住友銀行としても、合併や事業提携で経営規模を拡大し、店舗網を増やす意図があるのです。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪