地元バンクと共に生きる

あなたの人生と広島銀行

広島銀行でのマネープランの考え方

マネープランとは人生設計をたてるにあたって、いつごろ・いくら必要で・どうやって調達するかを考えることです。低所得者が増えているなか、結婚や出産にあたってマネープランを意識する人が多くなり、今非常に注目されています。とくに節目となるのが結婚です。なぜなら結婚すると出産やマイホームにかかる費用がより現実的になるため、マネープランが厳しくなるのです。

とはいえ最近は結婚式やハネムーンの費用を削る人も珍しくないため、結婚にかかる費用よりも出産・育児にかかる費用のほうがプランとしては重要です。共働きであっても出産間近からしばらくは職場復帰できないので、独身の間にできるだけ貯め込んでおくことが重要です。もっとも法的にいうと独身時代の貯蓄は結婚後に共有する必要はありませんが。結婚後も積極的に貯金し、子どもがある程度育ったら職場復帰で共働き、というプランだと世帯年収が上がるため楽ではあります。

しかし広島銀行の調べだと子ども1人にかかる学費は、幼稚園から大学まで全て公立でも800万円ほどかかります。しかし大学は私立のほうが多いし偏差値的にも楽なので、大学だけ私立に行くとするとトータル1000万円を超えてしまいます。一人暮らしの子どもに対する仕送りも考慮しなければいけないかも。とすると子どもの人数に合わせてそれなりの貯金と収入のめどが必要です。

広島銀行をメインバンクにこういったマネープランを乗り切るためには、学資保険や教育ローン、あるいは独身時代からの貯金が不可欠です。確実に貯められるのは自動積立定期預金やスーパー定期などで、投資信託など積極的な運用で失敗したくないなら、確実に長期間継続して貯め続けることが間違いありません。場合によっては仕組み預金など長期の定期預金を使って高金利で運用するのもいいでしょう。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪