地元バンクと共に生きる

あなたの人生と広島銀行

広島銀行で資産運用

資産運用というと何か難しそうな響きになりますが、要は自分が持っているお金を増やしたり貯めたりすることを資産運用と言います。その方法にはいくつかの種類がありますが、まずは準備段階として節約したり資産を整理したりするところから始めます。これらのプロセスをはぶくと余計な出費がいつまでも減らなかったり、効率的に貯めることができなくなります。

自分のお金をキチンと整理できたら、いよいよ積極的に運用していくわけですが、広島銀行では「貯める」と「増やす」のどちらを目的に運用するかで最適な商品を選べます。とにかく貯めたい場合は定期預金などの預金商品、積極的に増やしたい場合は投資信託のような商品が利用できるのです。さらに両方の中間に位置する商品として公共債、仕組み預金、外貨預金の3つの商品があります。

初心者でも簡単かつ安心して利用できる商品としては、預金商品のほかに公共債や仕組み預金がオススメです。公共債とは国債や地方債のことで、国や地方公共団体が発行するため、利子と元本が保証されています。個人で購入する場合は個人向け国債という専用の国債があり、満期期間も3年や5年や10年と多岐にわたります。広島銀行では1万円から購入でき、金利タイプも固定と変動の2種類を選ぶことができます。

仕組み預金とは特約がついた定期預金です。特約は商品によって2種類あり、「広島銀行が満期日を繰り上げることができる」代わりに金利が上がっていく特約と、「為替変動によって満期時に払い戻す通貨が変わる」代わり、円預金より利回りが高い特約があります。これらの仕組み預金は中途解約ができないなど一定のリスクがありますが、通貨建てで元本が確保されるため長期の運用ができる余分な資金を回す人が多いです。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪