地元バンクと共に生きる

親和銀行のメリット

親和銀行のバンキングサービス

インターネットバンキングサービスのメリットは、窓口やATMに行かずに取引できることと、手数料が安いことです。そのためとくに投資信託取引や振込といった手数料がかかりやすい商品での利用が適しています。実際にバンキングサービスの手数料優遇サービスがある親和銀行では、インターネット投信や外貨預金取引といった商品の利用が人気です。モバイルバンキングやテレフォンバンキングもありますが、その場合は利用できないサービスが生じてしまいます。

ダイレクトバンキングのさらに上位サービスとしてインターネット支店というものもあります。スルガ銀行や愛媛銀行などが開設していて、ATMとネットで資金の出し入れをおこなうのです。楽天銀行やじぶん銀行などのネット銀行だと実在の店舗がなく、全ての取引をネットとATMでまかないます。こうしたサービスをおこなう銀行は金利や手数料の面でメリットが多い反面、インターネットを利用した詐欺にはめっぽう弱いというリスクもあります。

親和銀行では複数のセキュリティ対策を施していますが、そうした金融機関が続々とフィッシング詐欺に遭遇していることを考えると、ある程度自己防衛する必要があるでしょう。たとえば非常に多いケースですが、身に覚えがない不審なメールのURLにアクセスしてしまったことが原因で詐欺に遭ってしまった場合、本人の過失による被害とみなされてしまう恐れがあります。

銀行側の過失で損失が出た場合は全額補償されることになっていますが、本人に過失があると補償の割合が減ってしまうのです。そのため不審なメールは無視する、ログインパスワードを定期的に変更するなどの措置が必要となります。万が一被害に遭ったときには銀行に対し迅速に報告しないと、それもまた過失となり得るので注意しましょう。複数の銀行口座に預金を分散したり、一度に引き出せる限度額を低めに設定することで、被害のリスクをさらに減らすこともできます。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪