地元バンクと共に生きる

親和銀行のメリット

親和銀行のカードローン

バブル崩壊までは、ローンといえば住宅ローンやオートローンが主流でした。バブル崩壊後に消費者金融がより一般的になり、近年はフリーローンやカードローンの人気が著しく上がっています。親和銀行によるとカードローンで借りた資金の使い道で最も多いのが「娯楽」だそうで、生活費の足しにする人の倍近くにも達します。そのため最近のカードローンはどんどん審査が手軽になり、借入もATMを使って気軽にできるようになっています。

親和銀行のカードローン「ナイスカバー」はパート・アルバイト・派遣社員でも利用可能なお手軽カードローンで、親和銀行に普通預金口座などがあればネットで申込み手続きができます。さらに住宅ローンなどと違って周囲に知られたくない利用者が多い商品でもあるので、ローンカードの郵送や電話ではプライバシーが守られる配慮も施されています。借入・返済もATMでできるので、預金の出し入れと同じような感覚で利用でき、ストレスフリーでおこなえるローンです。

とはいえカードローンは金利の高い融資商品です。利用限度額と実際の借入額が低いので利息も安く感じますが、よくよくローン金利を確認すると7パーセントや14パーセントという値が並びます。住宅ローンなどほかのローン商品の金利が2パーセント台後半なので、倍以上に高い値です。フリーローンの金利が低い場合、こまめにカードローンを利用するよりフリーローンで一気に借りたほうが利息が節約できますが、親和銀行のフリーローンの金利はカードローンと同じ水準なので、なかなか利息が節約できません。

利息が節約できない以上、カードローンを利用する際はできるだけ計画的に借り入れることが大切です。というのもこまめに借りるよりも一気に借りるほうが結果的に返済も楽なのです。あまりこまめに借りると返済用口座にお金が足りなくなるハプニングが起こりやすく、返済額を管理しきれません。一度借りたらその都度完済すると借入総額の管理も簡単で、随時返済を使えば返済日数も少なくなります。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪