地元バンクと共に生きる

親和銀行のメリット

親和銀行の住宅ローン

一昔前はローンといえば大きな買い物をする際に借りるもので、人生における大きな買い物の代表的なものが家でした。カードローンのように少額を借りるローンが台頭している現在でも、住宅ローンは利用が多い商品です。親和銀行の住宅ローンは資金用途の自由度が高く借入金額も高いため、自己資金が少なくても理想の住宅を購入することができます。もちろん親和銀行をメインバンクにしていても、あえてメガバンクでローンを利用する人も多いです。

なぜメガバンクの人気が高いかというと、金利や手数料の面でメリットが多いからです。住宅ローンの借入金利は固定金利と変動金利があり、どちらを選んだ場合も地方銀行よりメガバンクのほうが低金利なのです。ローン金利以外だと、融資手数料や保証料もメガバンクのほうが安いです。そのためコストの支払額を抑えて返済を楽にしたい場合、正直地方銀行よりもメガバンクのほうが有利となるのです。

しかし地方銀行にも有利な点はあります。たとえば審査です。メガバンクのような大手金融機関は総じて審査が厳しい傾向にあるのです。貸し倒れのリスクを回避するためです。その点、親和銀行のような地方銀行は地元の顧客に対して融資をおこなうことを業務の核としているため、メガバンクよりも審査に通りやすいのです。そのため自己資金が少なかったり、収入の面で不安がある場合は地方銀行のほうがローンが利用しやすいです。

とはいえ審査に通っても金利や手数料が高いと大変です。そこで親和銀行の住宅ローンを利用する際は、キャンペーンで特別金利や手数料優遇になっているタイミングが狙い時です。普段からキャンペーンをチェックしたりすることをオススメします。あるいはポイントサービスによる特典でローン金利を引き下げるといいでしょう。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪